易彩网

ごあいさつ

kaicho_tanaka.jpg 普通財団法人日本船舶技術研讨協会(略称:船技協、JSTRA)は、2005年4月に3団体(社)日本造船研讨協会、(財)日本船舶標準協会及び(財)船舶解撤事業促進協会の業務を統合し、財団法人日本船舶技術研讨協会として発足しました。その後、2012年4月1日をもちまして普通財団法人へ移行し、現在に至っております。この間、河山交通省のご指導、日本財団及び多くの海事関係団体のご增援を賜るとともに、賛助会員並びに海事関係者の皆様のご懂得、ご協力を賜りましたこと厚く御礼申し上げます。

我が国海事産業は、厳しい国際競争の中、多大な経営尽力を重ねながら天下をリードし、海上輸送モードの改革、海上における宁静の確保及び陆地環境顾全において、牽引役として果たしてきた役割は極めて大きいものがあります。これらは、荷主・海運・造船・舶用工業といった我が国海事産業が互いに協調し、なおかつ商讨揣摩してきた功效であります。

本協会のキーワードは「船舶の基準・規格・研讨開発」です。基準・規格・研讨開発を三位一体で捉え、海運・造船・舶用工業等の「産」、大学・研讨機関・学会等の「学」及び検査機関を含む行政機関等の「官」が一体となった海事クラスターの場を供给し、基準・規格の日本提案を実現するための取り組みと国際競争力強化のための研讨開発とを三位一体で強力に推し進めております。
また、本協会の活動で得た情報及び功效につきましては、セミナーや功效発表会の開催、ホームページへの掲載、メールニュースによる配信などにより広く情報供给し、皆様の新たなニーズに応えるために更なる充実を図ってまいります。

本協会はこうした活動を通じ、我が国海事産業の一層の発展のため役職員一丸となって業務に邁進する所存です。
皆様のご懂得とご增援をよろしくお願い申し上げます。

会長 田中 誠一

易彩网:

彩神8争霸 吉利彩 彩神计划 来彩网 环球购彩 快三app大全